本と映画とエトセトラ


小説や映画の感想と日常

検索フォーム

カテゴリ

ブロとも申請フォーム

ブログ村

CD・DVD

RSS

アクセスランキング

QRコード

QR

info

トリプル・リベンジ カール・アーバン



無念!!リベンジならず!?

悪党達の罠にはまり全てを失った元エリート刑事が自分を罠にはめた者達と巨大な陰謀の真相に迫っていく良くあるアクションストーリー。CIA・警察・マフィアが絡んで誰が敵か味方かわからない、というか主人公からしたら全員敵の状態。

なんだか良くある話だからこそ、作りが雑に思えた。終盤の展開が急すぎるし、そこで戦う相手としては弱すぎるヘタレが一人混じっているし、最後に至ってはリベンジ完遂できてないじゃん。いやいいんだよそれはそれである意味幸せな終わり方かもしれない。

だけど最初の目的かつ最終目標のそいつと主人公は直接対峙させないといけないんじゃないか。自分の知らないところで勝手に同士討ちで、めでたしめでたしって。

最後まで見た瞬間思って事は『解せぬ!!』

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

ブログランキング・にほんブログ村へ


スポンサーサイト



楽天情報



テーマ:映画感想 | ジャンル:映画 | カテゴリー:映画 | タグ:
コメント(0)トラックバック (0) | 2020年05月21日 (木)19時31分
コメントの投稿
  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する
トラックバックURL:https://riot510.blog.fc2.com/tb.php/3-702431ac